厚労官僚のその恨みの原因とは一体なにか?

厚労官僚は医療に対して悪いイメージが付くよう情報操作している

大衆の味方を装い、弱者の味方を装い、医療の現実を知らずに医師バッシングを行っています。本来ならば、マスコミは医学や医療の啓発、あるいは医療のあり方を示すべきなのに、正義の味方よろしく医師および医療への批判ばかりを繰り返しています。医療批判は医療を良くするための批判の部分もありますが、むしろそれよりは医師と患者が最も大切にしている「医師と患者の信頼関係」を現実的に破壊しているのです。医師を悪者にしたてるマスコミの方法は一時的な壮快感を読者にあたえます。

しかし患者と医師が共同戦線で戦おうとしているのに、マスコミはその信頼関係を損なうような傾向をつくっているのです。また「医療の現場を知らない医療評論家の的外れの解説」も多くみられます。マスコミは結婚を前に離婚の噂を流すような手法で医療を語ります。そしていったんイメージされた画像は、容易に消え去るものではありません。マスコミは行政から一方的に情報をもらう立場ですから、厚労省に対し弱い立場にあります。

そのため記者クラブは行政との仲良しクラブとなり、在野精神の欠如をきたしています。役所内に部屋をもっている記者クラブが、行政の不正や本音を知らないはずはありません。しかしこれまで、記者クラブが行政の不正や汚職を指摘した例があったでしょうか。本来、マスコミは腐敗しがちな権力の不正を監視する立場にあります。しかし行政の政策に反対の意見を述べると、行政は次回からそのマスコミを閉め出そうとするので、反対できないという弱点があるのです。官僚は秀才集団ですからマスコミを簡単に取り込んでしまうのです。
注射の使い回しなどによって、本人に何の非もないのにB型肝炎に罹患してしまったという方はこの日本にもかなりの人数いらっしゃるようです。しかし、治療法もあります。


最新情報
2015/01/08 オススメ記事を更新しました。
2015/01/04 新着記事を更新しました。
2015/01/03 医療不信を招く原因を更新しました。
2014/12/31 厚労官僚の情報操作を更新しました。
2014/12/29 官僚の恨みを更新しました。
2014/12/27 二重の苦しみを更新しました。
2014/12/26 厚労官僚は医療に対して悪いイメージが付くよう情報操作しているを更新しました。
2014/12/23 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
看護師の求人・転職・募集情報なら【看護師プロ】看護師の求人・募集・転職なら【FAナース】マイナビ看護師
看護師求人情報の提供や、専属カウンセラーによる転職サポートなどを受けられるサイトです。全国の看護師求人の情報を勤務形態や必要資格、こだわり条件などを指定して検索できるサイトです。全国の看護師求人情報を検索できます。登録すると、専門のキャリアコンサルタントが求職活動をサポート。